|| 訪れたお風呂を地図で表示 ||

山梨  栃木  群馬  埼玉 千葉  東京  神奈川  長野  静岡  熊本

powerd by Google マイマップ

2008年01月10日

ホテル湯伝

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 甲府市の湯村温泉にある「ホテル湯伝」。
 外観に大きな特徴はないけれど、収容客数240人の大きな宿です。
 明治43年の開業とたいへんに歴史のあるこの宿が、今年の1月末をもって閉館するということで、立ち寄り湯しました。

 が、宿泊者に渡される「 湯めぐり手形 」用の、その日の入浴の可否を示す看板では、見事に入浴不可を示す「×」印。
 木曜なんていう中途半端な日に訪れたのが悪かったかと残念に思っていると、たまたま表に出ていた宿の人が、せっかく来たのだからと招き入れてくれました。なんてありがたい。
 お言葉に甘えて、入浴させていただきました。

 美しい深紅のカーペットが敷かれ、また暗めの照明が上質さを醸す中、1階の奥のほうにある浴室へと向かいます。
 「延寿の湯」、「扇の湯」の2つの浴室があり、男女入れ替え制なのかわかりませんが、とりあえず今日の男湯は「延寿の湯」でした。

 脱衣場はひろびろとしていますが、それに比べると浴室はあまり広くありません。
 露天風呂はなく、内湯に大浴槽が1つあるのみのシンプルなつくり。
 床に敷かれたグレーの重厚な石と、柱や浴槽のフチにあしらわれた大理石かな、光沢のある白い石がホテルらしい贅沢さを感じさせます。
 が、一方で、古さ際だつ浴槽内のタイルや壁のデザイン、無骨な白熱灯による照明、あるいはスパ銭クラスのリンスインシャンプーとボディソープなんかが、その贅沢さをスポイルしてしまっていて、なんとも惜しいところ。

 また、お湯は循環仕様。薬品臭こそ気にならないものの無色透明で、さっぱりとした浴感ではありましたが、温泉らしさはほとんど感じられないものでした

 入浴料も、浴用タオルとバスタオルはつきますが1,000円と宿のお風呂的な割高さを感じざるを得ず、入浴不可を掲げながらもぼくを招き入れてくれた宿の方には申し訳ないのですが、客観的に見ると、もちろんお風呂に限って言えばですが、あまりオススメできるところではありませんでした。

ホテル湯伝 入浴不可を示す「×」印 上質な館内

脱衣場 浴室

 
湯村温泉 ホテル湯伝

■ ホテル湯伝 ★★☆☆☆
  山梨県甲府市湯村3-11-10
  http://www.yumura-yuden.com/
【 theme!! 冬の口笛/スキマスイッチ (2004) 】 スキマスイッチ - 冬の口笛 - EP - 冬の口笛

空創クリップ (初回生産限定盤DVD付)




posted by BONGO at 18:10| Comment(2) | TrackBack(1) | お風呂 山梨県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
ヒトミといいます。
山梨の温泉たくさん巡ってらっしゃいますね〜!施設や浴室内の雰囲気とか細かく書かれているのでとっても参考になります!
こちらのブログで知った正徳寺初花、今度行ってみようと思ってます( ̄∇ ̄+)
Posted by ヒトミ at 2008年01月12日 15:09
>ヒトミさん
コメントありがとうございます。

山梨のお湯は地味ですが、やさしい湯ざわりのところが多いですので、ぜひ訪ねてくださいませ。

あと、初花は場所がえらくわかりにくいですので、気をつけてー。
Posted by BONGO at 2008年01月15日 21:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

くちこみブログ集(国内旅行): 湯村温泉 by Good↑or Bad↓
Excerpt: 「湯村温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
Weblog: くちこみブログ集(国内旅行)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
Tracked: 2008-02-16 09:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。